消費者金融からお金を借りるときは他社からの借入と借入件数には注意

消費者金融からお金を借りるときに注意したいのが他社からの借入です。
消費者金融は総量規制の対象なので年収3分の1を超える借入はできないです。
これは他社も併せて年収の3分の1なので、他社からの借入額が多いと審査に受からない可能性があります。
その他にも借入件数も消費者金融の審査では重視しています。
大手消費者金融では借入件数3件までと言われています。
しかし借入件数4件以上になると大手消費者金融の審査に通過する可能性が低くなってしまいます。
中堅の消費者金融では大手消費者金融の審査に通過できないような人を対象にしている関係上で、借入件数が4件あっても審査に通過しやすいです。
しかし借入件数が5件以上あると中堅の消費者金融でも厳しいです。
それは借入件数5件以上の方は多重債務の状態であるとみなされるからです。
多重債務に陥ると借金の返済のために借金を重ねるようになります。
次第に利息が膨らんでしまい返済に行き詰ることが多いです。
消費者金融では基本的に担保や保証人なしでお金を貸しています。
多重債務の状態である人にお金を貸しても回収できないリスクが高まりますので、消費者金融ではそのような状態の人は審査に落としています。
他社からの借入額が年収に対していくらまでなら審査に合格させているのか、借入件数が何件までなら審査に合格させているのか特に消費者金融では公開されていないことが多いです。
分かり難いのですが大手消費者金融ではホームページで簡易診断を行っている場合があります。
簡易診断では年齢や他社からの借入額や借入件数などを入力して送信するとすぐに結果が画面に表示されます。
あくまでも参考ではありますが、審査にお申込みする前に融資可能なのかどうか判断することが可能です。
良い結果が出ないときは他社の借入額を減らす、借入件数を減らしてから審査にお申込みすると良いです。
審査に受からない場合は1か月以内に3社以上お申込みしないようにして下さい。
それは多重申込として信用情報に登録されるからです。
多重申込が登録されていると、このお申込者は審査に受からずに困っていると判断されてしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 消費者金融とはキャッシングやカードローンなどのサービスを提供しており、利用者はお金を融資してもらうこ…
  2. 消費者金融からお金を借りるにはまずはインターネットでお申込みします。 パソコン、ケータイ、スマート…
  3. 消費者金融からお金を借りたいけど土日で店頭窓口がお休みと言う場合でも、お申し込み方法によっては大丈夫…
ページ上部へ戻る