消費者金融でお金を借りるメリット

消費者金融は大手アコムなどで借入金利がだいたい年利18パーセントです。
単純にいえば100万円借りると返済総額は118万から120万円くらいになります。
冷静に考えれば約2割の利子を払って借金するのはいかに不合理かはすぐに理解できます。
借りるのではなくお金を預けた場合のことを考えれば定期預金で現在の金利は年利1パーセントに
とどかないどころか0.1パーセントに近い数字です。借りる場合の利子が預けた場合の180倍
というのはどう考えても異常です。
それでも街中にこれだけ消費者金融の宣伝があふれ成り立っているということは、それだけの
需要があるからに他なりません。銀行も貸付をやっていて住宅ローンや車ローンや学資ローンなど
使用目的が決まったローンは比較的金利も低く設定されています。住宅や車は購入するもの
自体が高額で担保価値があるからです。一方銀行貸し出しでもカードローンのような
使い道が特定されないローンの金利はそれほど低いものではなく、だいたい15パーセント以上
はあり消費者金融とそう変わらないところもあります。
そうすると個人が特定目的以外の借入をする際、銀行と消費者金融で金利上大差はないことに
なります。そうすれば借入の審査がどちらがハードルが低いかが選択基準になります。
これは明らかに銀行の方が厳しいのです。もちろん同条件とはいえず消費者金融は
借入限度額が銀行よりは低くなります。しかし庶民が数十万円借りるのに銀行で借りるとなれば
審査の書類を用意するのだけでも大変でかつ銀行窓口が開いている9時から午後3時までに
窓口まで出向かなければならないのですからその手間は大変です。
消費者金融ならばパソコンやスマホの画面から審査も可能です。
金利がそう変わらなければ消費者金融から借りるメリットはそこにあります。
それから一度カードを作りきちんとした返済をしていれば、次に借りるときに
審査が必要ないのも魅力です。
ただし最初に記述したように金利18パーセントでお金を借りるのはどうみても
合理的なことではありません。10万円を2年間で返済するのではなく2ヶ月後に
返済するつもりで急にお金が必要になった時に利用するべきでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 消費者金融からお金を借りたいけど土日で店頭窓口がお休みと言う場合でも、お申し込み方法によっては大丈夫…
  2. お金を借りたいと消費者金融に申し込む時、審査が通るかどうか、誰もが不安に思うでしょう。せっかく申し込…
  3. 消費者金融とはキャッシングやカードローンなどのサービスを提供しており、利用者はお金を融資してもらうこ…
ページ上部へ戻る