消費者金融の約定返済額と約定返済日

消費者金融のカードローンからお金を借りたら毎月約定返済額をお支払します。
この毎月の約定返済額は返済方式によって決まります。
返済方式は残高スライドリボルビングが採用されていることが多いです。
この返済方式では借入残高に合わせて毎月の返済額がスライドしていく仕組みになっています。
借入残高が多くなると毎月の返済額が多くスライド、借入残高が少なくなると毎月の返済額が低くスライドします。
残高スライド元金定額リボルビング方式、残金スライド元利定額リボルビング方式などいくつかの種類があります。
多くの消費者金融で残金スライド元利定額リボルビング方式が採用されています。
この毎月の約定返済額は最少に設定されていますので、余裕をもって返済しやすいと言うメリットがあります。
しかし返済しやすい分だけ返済期間が長くなります。
消費者金融の利息は日割計算なのでお金を借りている日数が多くなるほど、お支払する利息は増えます。
残高スライドリボルビングはお支払する利息が増えやすいと言うデメリットがあるのです。
消費者金融の多くで毎月の約定返済額に加えて、自由に追加返済することが可能です。
つまり最少の返済額以上なら自由に決められると言うことです。
お支払する利息を減らしたいときは追加返済を繰り返すと良いです。
余裕があるときは一括返済することも可能です。
消費者金融のカードローンはこの毎月の約定返済額を約定返済日にお支払します。
約定返済日は毎月指定と35日ごとがあります。
毎月指定は1日から31日まで毎月一定の日にちを自由に指定することができます。
お給料日の3日後くらいに指定しておくと計画的に返済することができます。
35日ごとは返済してから35日後が次回の約定返済日となります。
35日の間ならいつでも返済することができますが、35日のまま返済していると毎月指定の約定返済日より返済期間が若干長くなります。
35日以内で積極的に返済を繰り返すと返済期間を短くすることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 消費者金融とはキャッシングやカードローンなどのサービスを提供しており、利用者はお金を融資してもらうこ…
  2. 消費者金融からお金を借りるにはまずはインターネットでお申込みします。 パソコン、ケータイ、スマート…
  3. 消費者金融からお金を借りたいけど土日で店頭窓口がお休みと言う場合でも、お申し込み方法によっては大丈夫…
ページ上部へ戻る