消費金融を利用する際の注意点とは

最近、テレビのCMなどでも多く宣伝されている為、気軽に利用する事ができるイメージが強い消費金融ですが、やはり、利用する際には、いくつかの注意点を理解しておく事が大切です。
まず、消費金融の審査を受ける場合、インターネットなどで誰にも知られる事なく審査の申し込みを行ったとしても、その後、勤務先に必ず、在籍確認が入ります。在籍確認とは、その会社に本当に勤務しているのかと言う確認になっており、電話で行われる事になっています。もちろん、「○○消費金融です。」と言ったように名乗る事はなく、多くの場合、個人名で電話をかけてくるようになってますが、勤務先の人に怪しまれる場合もある為、注意が必要です。もし、心配であれば、自分が電話に出る事ができる時間帯を設定するなどして対策を行います。
その他、消費金融でお金を借りる以上、絶対に、滞納や延滞をしないように気を付ける事が大切です。一度でもこのような事をした場合、今後、クレジットカードなどの審査にも影響する事があり、今後の生活にも大きな影響を与える事になってきます。
そして、最後に使い過ぎには注意が必要です!カードローンの場合、限度額までなら何度でも利用が可能になってきます。だからと言って、安易に借り続けると返済が大変な事になってしまいます。
また、総量規制内だからと複数社で借り入れを行う事もお勧めできません。返済が複数になればなるほど、管理が難しくなり、また、おまとめローンを利用したいと思った際も、その借入件数が原因で利用する事が出来ない場合も多くなっています。その為、無用に借入件数を増やす行為は絶対に避けるべき行為になっています。
また、これは確実な事ではありませんが、消費金融を利用している場合、住宅ローンなど大きなローンの審査の際、不利に働くと言われています。その為、安易に利用した消費金融がきっかけで、住宅ローンの融資を受ける事が出来ない場合もあるのです。
このような事から、消費金融を利用する際は、様々な点に注意する事が大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 消費者金融とはキャッシングやカードローンなどのサービスを提供しており、利用者はお金を融資してもらうこ…
  2. 消費者金融からお金を借りるにはまずはインターネットでお申込みします。 パソコン、ケータイ、スマート…
  3. 消費者金融からお金を借りたいけど土日で店頭窓口がお休みと言う場合でも、お申し込み方法によっては大丈夫…
ページ上部へ戻る